マネーフォワード主催 不動産投資セミナー② 

こちらの会社の社長は

他の不動産投資家と違い、長年管理会社をされている目線での話をされていました。

非常に良かったです。

私も以前不動産賃貸業に従事していたのですが

ここの管理物件は、悪いものを見たことがないという評判を聞いていました。

 

目的は老後の定年後の自由な資産形成の為に

不動産で賃料収入を得られるようにしようという趣旨です。

 

現在の金利で1000万円を運用した場合

・マンション投資→400,000~500,000円

・銀行A 800円

・ゆうちょ銀行 800円

国債 4000円と

・圧倒的に不動産投資が利回りが良い状態です。

 

不動産投資は節税が目的ではない

 ↑

これも他のサラリーマンから不動産投資で成功した、不動産投資を促している型と違う観点でした。

 

物件を探す際の要注意物件の特徴としては

・駅から15分以上

・室内洗濯機置き場がない

・15㎡以下の狭小物件は避けたほうが良いとの事でした。

 

また、地方や郊外のアパートには手を出すな。

・新築ワンルームマンション→買ったときから中古になる

・購入後すぐに売ると70%くらいに

なってしまうとの事でした。

 

最大のリスクは借金

節税が目的と思ってはいないか?

それはやめたほうが良い。

 

都内の中古マンションはそれでも

東京 中古 ワンルームを選ぶべきとの事です。

なぜなら、少ない資金で低金利で借りられる為

ポートフォリオをして、安い中古のワンルームマンションを購入してリスクを分散する

事がベストとの事です。

他の不動産のポートフォリオの視点としては

・時間を分散する

・築年数を分散する

・エリアを分散する視点が大事との事でした。

 

東京には現状、不動産が活性化しやすい下記状況があります。

東京都の転入超過数の推移

東京の23区で900万の人が住んでいる

上場企業の3600社のうち1800社が東京に集中

大学の都心回帰

 

不動産投資→人が集まると事に集まる

 

月利複利

繰り上げ返済→元本に充当される。

 

再開発がある物件を狙うのもあり

再開発業者が高く買い取ったり

新築マンションが出来る際には、劇的に少ない負担で

新築の新しい部屋を手に入れることができるとの事でした。

 

また、借り入れて1件目の物件を買って返済が終わったら

次の2件目の物件を買って、その返済に1件目の家賃を2件目の返済に回して

2件目が返済終わったら3件目の物件購入、返済に1,2件目の家賃収入を充てるという

正に金持ち父さんのお金に働いてもらうという考え方でした。

返せるときにどんどん繰り上げ返済することによって、金利分の支払いを減らすことができるため

・返せるときに借金は返す。

・1件目の返済が終わると後はプラスのスパイラルの不動産投資が出来ると

非常に勉強になる、また面白い講演でした。